腰痛持ちの方のマットレスの選び方

こんにちは神谷です。

腰痛持ちの方がマットレスを購入する場合、どんな点を意識すればいいのか?ここでは解説します。

腰痛持ちの方のマット選びのコツ

まず結論から言ってしまうと、腰痛をお持ちの方にオススメなのは高反発で厚みがあり、へたりにくいマットレスです。

その上で、少し追加のポイントもありますが意識するポイントは以下の通り。

  • 高反発である事
  • 厚みがある事
  • へたりにくい(耐久性が高い)
  • 通気性が高い
  • 重すぎない

この点を満たしていないと返って腰痛を悪化させてしまうケースもあるので注意しましょう。

ひとつづつ解説していきます。

高反発であること

一番のポイントは高反発マットレスを選ぶことですね。

やはり低反発のマットレスは腰痛持ちの方にはおすすめできません。低反発だと体が沈みこんでしまい、寝返りも打ちにくくなりますし腰に負担がかかってしまいます。

マットレスの硬さはN(ニュートン)で表現され、高反発の基準は以下の通り。

  • 75ニュートン以下:やわらかい(低反発)
  • 75~110ニュートン:ふつう
  • 110ニュートン以上:かため(高反発)

なので110ニュートン以上の硬さのマットレスを選ぶ方が良いですね。ちなみに硬すぎるマットレスでも返って良くないので、この辺りはご自身の体に合ったものを選ぶ必要があります。

厚みがある事

まマットレスにはある程度厚みがある方が良いです。

具体的には少なくとも10㎝以上の厚みがあった方が良いですね。厚みがないマットレスだと寝たときにすぐ底つきしてしまい、腰や背中に負担がかかってしまいます。

へたりにくい

マットレスは耐久性も重要です。すぐへたってしまうようなマットレスでは返って腰痛を悪化させかねませんし、費用対効果も悪くなります。

一概には言えませんが、1万円以下で買えるような安価なマットレスは厚みもなく耐久性も低いのでおすすめできません。

ちなみに低反発マットレスもへたりやすいので、この点からもおすすめできないですね。

反発力や復元力といった数値を明記している商品も多いので、これらの数値も確認したうえで選んだ方が良いでしょう。

通気性が高い

耐久性とも関連してきますが、通気性も大事です。

通気性の悪いマットレスはカビなどが生えやすいですし、出来るだけ通気性の高いマットレスを選ぶようにした方が良いでしょう。

防カビなどの処置が施されている商品の方が安心です。

重すぎない

マットレスが重すぎない事も腰痛持ちの方にとっては地味に重要です。陰干ししたりするのに重いと動かすのが大変ですし、腰を痛める原因にもなってしまいかねません。

なのでポケットコイルやボンネルコイル、ラテックスのマットレスよりもウレタンマットレスを選んだ方が良いですね。

ウレタンマットレスなら比較的軽い商品が多いですし、価格的にもお手頃な商品が多いです。

寝心地はチェックしなくてよいのか?

よくマットレス選びの際に「寝心地」を挙げるケースがありますが、寝心地に関しては必ずしも参考になりません。

ちょっと横になっただけで楽だと感じても、一晩寝たらめちゃくちゃ起きるのがつらい・・・なんてことも普通にあり得ますし、何日も使っているとだんだん返って腰が痛くなってきた・・・なんてこともあります。

要するに寝心地が良い=身体に良いとも言い切れないので、ここは必ずしも重要ではありません。

実際2~3か月寝てみて初めて身体にとって良いのかどうかが分かるのがマットレス。なので購入する際に寝心地をあまりにも重視すると返って良くないという事も覚えておきましょう。

まとめ

というわけで腰痛持ちの方のマットレスの選び方についてポイントをまとめてみました。

冒頭でもお伝えした通り、腰痛がある方は高反発で厚みがあり、へたりにくいマットレスを選ぶのが基本です。ここはしっかり意識して商品を選ぶようにしてくださいね。

NO IMAGE
最新情報をチェックしよう!