【専門家が体験】西川エアー01/01SEの口コミ&評判

西川エアーシリーズで最もリーズナブルなマットレスである01/01SE。

ここではそんな西川エアー01/01SEの口コミを踏査するとともに実際に体験し、整体師としての視点も踏まえてどんな人におすすめなのか?まとめました。

西川エアー01の購入を検討している方は参考にしてください。

公式サイトで西川エアー01をチェック!>>>

目次

整体師が西川エアー01を徹底評価!ガチ体験レビュー

西川エアーシリーズを体験

西川エアーについては実店舗で01、03、SI、SXのベーシック・ハードすべてお試しできる機会があったので、その際に感じたことを包み隠さず率直にまとめます。

ちなみに体験する私自身のスペックは以下の通り。レビューの参考にしてください。

体験する私のスペック

・身長約170cm、体重約75kgで少し筋肉質
・運動は好きな方。定期的に筋トレをしている
・基本的に硬めの寝心地の高反発マットレスを好む
・身体は硬い方
・ギックリ腰歴あり

寝心地は思ったより柔らかい!体にフィットする感じ

まず寝心地の率直な感想ですが、思ったよりも柔らかいですね。高反発マットレスとしてはかなり柔らかめの部類に入る印象です。

西川エアーの特徴といえば表面の凹凸ですが、実物を見ると思った以上にデコボコしてますね。そしてこの凹凸が想像以上に柔らかくて驚きました。

手で触っただけでも凹凸部分はかなり押し込める感じで、これだけ柔らかいと体重をしっかり支えてくれるのだろうか?とちょっと心配になるレベル。

ただ、実際寝てみるとしっかり体を支えてくれている感がありました。波型構造がちゃんと体圧分散をしてくれているという事ですね。

それに表面の凹凸も寝てしまうとあまり感じません。

というわけで体圧分散はしっかりできている印象なので、比較的柔らかめの寝心地の高反発マットレスを探している・・・という方に合いそうですね。

硬めの寝心地を好むなら西川エアーでもSIやSXを選ぶ方がよさそうな気がしました。

体重が70キロを超えていると沈み込む感じあり

西川エアー01はベーシックで110N・ハードでも140Nと高反発マットレスとしては反発力が弱めで柔らかい部類に入ります。

なので私くらいの体重(75kg)があると沈み込む感じが結構ありました。なので腰に負担が集中しやすいかもしれません。私くらいの体重で腰痛持ちの方は返って腰がきつくなるかも。

やはりもうちょっと体重が少なめの方の方が適していそうですね。おそらく40~60kgくらいの方であれば沈み込み過ぎず、適度な寝姿勢を保持できるでしょう。

それ以上の体重の方でも柔らかめの寝心地を好む方は合いそうですが、その場合はマットレスタイプではなくベッドマットレスタイプ(そしてベーシックよりはハード)を選んだ方が良いかもしれません。

ベッドマットレスタイプは厚さが14㎝とかなり厚みがあるので、底付き感もなく使用できるでしょう。

寝返りは体重が適正なら打ちやすい

体圧分散もしっかりできているので、寝返りも打ちやすい印象です。

ただ、これも体重が適正ならばという前提。実のところ私は寝返りがしにくいと感じました。やはり私くらいの体重では沈み込み過ぎてしまい、あまりスムーズに寝返りはできません。

おまけに私は柔軟性が無い方なので、余計に寝返りが打ち難かったかも・・・という感じですね。

通気性はかなり高そう。その分湿気対策は必須

西川エアー01はマットレスの構造的にも通気性はかなり高そうですね!

ウレタンにも穴(クロスホール)が空いていたり、表面の凹凸も大きいので湿気はこもりにくい印象でした。

おそらく湿気がマットの下に抜けるので、床やフローリング・ベッドフレームとの間には除湿シートを置いた方がよさそう。

ちなみに私くらいの体重の人が寝ると沈み込む分凹凸もなくなってしまいます。その結果ℋマットレス表面がしっかり体にフィットしてしまい、夏は蒸れるかもしれません。

逆に体重が軽い方は凹凸で隙間が出来る分、冬は少し寒いと感じる可能性もあるかも?なんて気がしました。

ある程度カバーや敷パッドで調整は出来ると思いますが、店員さんの話ではあまり厚すぎる敷パッドを使うと凹凸の体圧分散効果が損なわれてしまうのでお勧めしないとのことでした。

ウレタン臭は気にならない

時々西川エアーの口コミで「ウレタン臭が気になる」という話もあったので臭いも確認してみました。

・・・が、正直臭いは全く感じないですね。

もちろん店頭で体験用に使われていたマットレスでの話なので、新品状態と全く同じではないでしょう。しかしこの点からある程度使用していれば臭いは気にならなくなるのではないかな?と考えられます。

軽くて収納性はかなり優れている

西川エアー01は4~5㎏程度の重さしかないのでかなり軽く、収納性に優れてますね。

マット裏面にマジックテープも付いており、丸めて固定するとかなり小さくなりますし、持ち運びも苦になりません。おそらく三つ折りも可能でしょう。

収納性に優れたマットレスが欲しいならこの点はかなりいい感じですね。

西川エアー01/01SEのネット上の口コミ

ここからは西川エアー01のネット上の口コミをまとめます。

楽天市場やアマゾン、Twitterやインスタグラムなどを調査してみました。

悪い口コミ

昭和西川の、ムアツのスリープスパを使っていたが、今回価格の安さにつられてこちらを購入。
安いだけのことはあると納得。スポンジが軟弱で、点で支えるとは程遠い。身体が腰から沈んでしまう。
ムアツのスリープスパより見た目をオシャレにして宣伝費をかけているが、そのしわ寄せが品質に来たかな?

引用:アマゾン(ベーシック使用)

硬くて背中が痛くなり返品しました。レビューと値段が高ければ良いと言うわけではないんだなと思いました。

引用:アマゾン(ハード使用)

調査してみたところ、西川エアー01は意外とネガティブな口コミを見かけませんでした。

見つかったものとしては「柔らかすぎて腰が沈む」「硬すぎる」という両極端なもの。これはおそらく使用された方の体格や身体の硬さなどが影響している可能性が高いですね。

私も経験した通りですが、一定以上の体重がある方は柔らかすぎると感じるはず。逆に体重が軽すぎる方がハードタイプを使うと「硬い」と感じる可能性がありそうです。

良い口コミ

この快適さ。
今までairの上位版を利用していて、それを他者に取られてしまったため量販店で4000円程度の本当にただ敷いただけのマットレスを使用。
もともとどこでも寝れる体質なので、どれでも変わらんと1週間使用した結果、腰がとても痛くなり、急遽シングルのこれを購入。結果、包まれている感覚に襲われ、快適に。
まだ腰は痛いけれど、楽になってるとは思う。あと、ハードタイプを購入したけれど、もともとが非常に硬い医療用マットレスを使用していたので、それに比べると全てが柔らかい。
なので、どの辺がハードなのか分からないけれども
その辺で売っているマットレスよりは遥かに有用な一品であることに間違いはない。

引用:アマゾン(ハード使用)

反り腰で、寝起きの腰痛に悩んでたのですが改善されました。どの体勢で寝てても痛くならないので、許されるのであればずっと寝てたいくらいです(笑)

引用:アマゾン(ベーシック使用)
https://twitter.com/yosu6246/status/1229778885073457154
https://twitter.com/shouhei1203/status/1277228642850885632

西川エアー01を高評価する口コミは「寝心地が良い」「よく眠れる」という声が非常に多いですね!

西川エアーは「睡眠の質を高める」というコンセプトで作られているマットレスなので、実際に使用された方はこの効果を体感してるケースが多い印象でした。

西川エアー01/01SEのメリット・デメリット

というわけで実際に体験した印象とネット上の口コミをまとめると、西川エアー01/01SEメリット・デメリットは以下の通り。

デメリットは3点

  1. 若干値段は高い
  2. 人によっては柔らかすぎる
  3. 返品はできない

デメリット1:若干値段は高い

西川エアーシリーズは基本的に若干高めの価格設定ですね。

最もリーズナブルな01/01SEのシングルサイズでも44,000円、セミダブルで60,500円という価格設定。別途マットレスだとシングルサイズでも66,000円なので、他社のマットレスと比較してちょっと割高に感じられるかもしれません。

デメリット2:人によっては柔らかすぎる

実際に体験して感じましたが、西川エアー01は人によっては柔らかすぎると感じてしまうし、腰部分が沈み込んでしまいます。

なので70㎏以上の体重がある方は同じ西川エアーでもSIやSXなど反発力が高いマットレスを選んだ方が良いでしょう。

デメリット3:返品は出来ない

西川エアーシリーズには返品保証がありません。

※3年間の商品保障(交換)は付属しています。

なので実際にしばらく使ってみたけど合わないので返品する・・・ということは出来ない点に注意。購入前に良く寝心地を確認し、自分に適した硬さかどうかを確認して購入しましょう。

メリットは寝心地など含めて5点

  • 柔らかめで寝心地が良い
  • 軽くて収納性に優れる
  • 通気性が良い
  • 取扱店舗が多く寝心地を確かめやすい
  • 見た目がカッコいい

柔らかめで寝心地が良い

多くの人が感じる点ですが、西川エアー01は寝心地が良いです。比較的柔らかめのマットレスなので、いい意味絵いかにも高反発マットレス、という感じがしません。

寝心地の良さと併せてよく眠れると感じる人が多いのも魅力の一つですね。

軽くて収納性に優れる

西川エアー01はマットレスの中でもかなり軽量。持ち運びや収納性はかなり高いので、使用しない時は丸めて(あるいは三つ折りにして)コンパクトに収納しておきたい・・・

そんな方にはぴったりのマットレスと言えそうです。

通気性が良い

西川エアー01は通気性もかなり高いですね。

物理的にマットレスに穴が空いてますし、スリットも入っているので湿気がこもる可能性は低いでしょう。

取扱店舗が多く寝心地を確かめやすい

西川エアーは取り扱っている実店舗が多く、手軽に寝心地を試せる点も魅力ですね。東急ハンズやそごう、三越や高島屋・伊勢丹などでも取り扱っている店舗があります。

なので気になったら近隣の店舗で西川エアーを置いていないか?調べて体験してみると良いでしょう。

公式サイトにも取扱店舗の一覧が掲載されています。

見た目がカッコいい

見た目のカッコよさは間違いなくナンバーワンですね(笑

マットレスは見た目にそれほどこだわった商品ってありませんが、西川エアーシリーズは実にスタイルリッシュな見た目をしていてインテリアとしても「映え」ます。

機能面だけでなく見た目にもこだわっている点は西川エアーならではの特徴と言えるでしょう。

西川エアー01/01SEをおすすめする人・しない人

以上の点を踏まえると、西川エアー01/01SEをオススメする人・しない人は以下の通りです。

おすすめする人

  • 西川エアーのマットレスを安く購入したい人
  • 小柄な方(体重40~60kgくらい)
  • 柔らかい寝心地を好む方
  • ある程度運動してる人
  • どちらかと言えば体が柔らかい方

西川エアー01は基本的に体重40~60kgくらいで柔らかい寝心地を好む方におすすめします。

それ以上の体重の方はSIやSX、あるいは他社のマットレスを候補にした方が良いでしょう。70kgを超える方でも合わない事はないですが、その場合はある程度運動していて柔軟性があることが条件となるかと思います。

おすすめしない人

  • 腰痛改善を主目的として高反発マットレスを探している人
  • 体重が70kgを超える方
  • 硬めの寝心地を好む方

繰り返し触れていますが、西川エアー01は高反発マットレスとしてはかなり柔らかい部類に入ります。その点から腰痛改善を主目的として使用するのはオススメではありません。

腰痛がある方はもう少し硬めのマットレスを選んだ方が良いでしょう。

後はやはり、私のように70㎏以上の方、硬めの寝心地を好む方には合わない可能性が高ですね。

西川エアー01/01SEはどこで購入するのがおすすめ?

西川エアー01は公式オンラインショップの他、楽天市場やアマゾンでも販売されていますが、基本的には公式オンラインショップをおすすめします。

調べた限り楽天市場やアマゾンでは中古品を販売していたり、保証に関する記載がないんですよね。

公式オンラインショップなら3年間の保証がしっかり明記されていますし、その点でも安心して購入できるかと思います。

公式サイトで西川エアー01を購入する>>>

3年間の商品保障について

西川では一部のマットレス・ベッドマットレスに3年間の商品保障が付いています。対象は厚さ50㎜以上のマットレスなので、西川エアーはその対象内。

ウレタンマットレスの厚み変化5%以上のものに関して同一品もしくは同等品との交換保証が付いています。購入する場合はこの保証がちゃんと明記されている公式サイトがおすすめです。

西川エアー01はエアクロモールでレンタルが可能

エアクロモール

ちなみに西川エアー01についてはエアクロモールでレンタルすることが可能(有料)なので、こちらで試してみるのも手段。

月額4,500円でお試しが出来、気に入ったらそのまま購入できますし、その場合はレンタル料金の差額を支払う形で購入することもできるようになっています。

airCloset Mallで西川エアー01を試してみる>>>

西川エアー01SEについては実店舗での販売のみ

西川エアー01SEについてはネット上での取り扱いがないため、実店舗での購入となります。

取扱店舗については公式サイトに記載がありますので、そちらを確認してください。

西川エアー01/01SEのよくある質問&疑問

ここからは西川エアー01/01SEに関するよくある疑問や質問をまとめます。

西川エアー01/01SEの特徴

西川エアーは最新の睡眠科学を取り入れ、明日のコンディションを積極的に整え、より良いパフォーマンスを発揮するためのコンディショニングマットレス。

著名なスポーツ選手が愛用していることでも知られるマットレスで、最もお手軽な価格設定で販売しているのが01/01SEになります。

西川エアー01の特徴といえばまず表面の凹凸構造。約1200個の点からなる特殊立体波形凹凸構造が体圧を分散し、自然な寝姿勢をキープしてくれるようになっています。

見た目にかなり波型が大きいのでちゃんと身体を支えてくれるのか?と感じてしまいますがマットレス上層部分の波型構造はしっかり体圧分散し、下層部分が身体を保持するので沈み込み過ぎないようになっているのもポイント。

また西川エアーは通気性にも優れていて、01/01SEは上下に貫通した通気口(クロスホール)と中間層の高通気新素材「レフレフォーム」が縦横に走り、マットレス内に湿気を溜めないようになっているのもポイント。

※クロスホールはシングル・セミダブルサイズで36個、ダブルで52個開いています。

西川エアー01/01SEのサイズ・スペック

サイズ シングル:195×97㎝
セミダブル:195×120㎝
ダブル:195×140㎝
80サイズ:195×80㎝
90サイズ:195×90㎝
厚み マットレスタイプ:8㎝
ベッドマットレスタイプ:14㎝
反発力 ベーシック:110N
ハード:140N
密度 不明
耐久性 3年~
価格
(マットレスタイプ)
シングル:44,000円
セミダブル:60,500円
ダブル:77,000円
80サイズ:44,000円
90サイズ:44,000円
価格
(ベッドマットレスタイプ)
シングル:66,000円
セミダブル:88,000円
ダブル:110,000円
80サイズ:66,000円
90サイズ:66,000円

01と01SEは何が違う?

実は西川エアー01と01SEはサイズや素材、反発力に違いはありません。違いは本体カバーのデザインと側生地、販売場所だけですね。

01SEは側生地に抗菌素材が使われているのですが、ネットでは販売していない店頭販売モデルとなります。

それ以外は何も違いが無いのでどうしても01SEが欲しい!という方は近隣の店舗で在庫を確認すると良いでしょう。ただ、大きな違いがあるわけではないため01の方が手に入れやすいかと思います。

ベーシックタイプとハードタイプの違いは?

ベーシックタイプとハードタイプはサイズや価格は同じですが、反発力が異なります。

  • ベーシック:110N
  • ハード:140N

マットレスの反発力はN(ニュートン)で表され、この数字が小さいほど反発力が低く(柔らかく)、数字が大きいほど反発力が高く(硬く)なります。

なので基本的には柔らかめな寝心地を好む方はベーシックの方がおすすめ。逆に硬めの寝心地を好む方はハードタイプを選ぶようにすると良いでしょう。

ただこれはあくまで基本的に、という話。

実際どちらが自分に合っているかは実物で確かめる方がおすすめです。

01とSI/SXとの違いは?

西川エアー01とSI/SXはマットレスの構造や反発力が異なり、そのため販売価格もかなりの違いがあります。

以下が西川エアーシリーズのシングルサイズのスペック・価格一覧になりますのでご覧ください。

 01/01SE03SISX
構造特殊立体波型凹凸構造特殊立体クロススリット構造
反発力110N/140N140N/165N140N/170N140N/170N
価格44,000円66,000円88,000円
104,500円
143,000円
165,000円

01及び03は「特殊立体波型凹凸構造」のマットレスですが、SIおよびSXは「特殊立体クロススリット構造」でマットレスの構造が異なっていて、実際寝心地もかなり違います。

そして反発力も違いがありますが、それ以上に価格差が大きいですね。

例えば西川シリーズでも人気・コスパの高いSIシリーズはベーシックタイプでも88,000円(税込)。ハードタイプになるとさらに値段が上がって104,500円(税込)になります。

この価格を見ると西川エアー01/01SEはかなりリーズナブルな価格設定である事が分かりますね。

マットレス本体は洗濯は可能?

マットレス本体は洗えませんが、本体カバーを外して洗えるようになっています。

ただ長く使うなら別途カバーを買ってかぶせた方が良いですね。専用カバーも販売されていますが、市販品で代用が可能です。

寿命を延ばすための使い方はある?

通気性が良いとは言え陰干しはした方が良いでしょう。

あとは定期的に頭側と足側をローテーションすると腰部分に凹みができにくく、寿命を延ばすことにも繋がります。

西川エアー01/01SEの評価まとめ

  • 西川エアーシリーズでは非常にリーズナブルな価格設定
  • 比較的柔らかく、寝心地の良いマットレスである
  • 40~60kgくらいの体重の方に適している
  • 通気性に優れていて軽量・収納性に優れている
  • 70㎏を超える方は反発力不足で微妙
  • 見た目はマジでかっこいい

西川エアーシリーズ全般に言えることですが、01/01SEは非常に寝心地が良く、睡眠の質を上げたい方にはおすすめのマットレスと言えます。

気になる方はぜひ試してみると良いですね!

公式サイトで西川エアー01を購入する>>>

最新情報をチェックしよう!