マニスポーツの評判は?腰痛の方へのおすすめ度をチェック!

ここではマニフレックスのマットレス「マニスポーツ」の評判や評価をまとめています。

マニスポーツはかなり硬めのマットレスみたいだけど果たして自分に合うのか?腰痛の改善にも適しているのか?

気になりますよね。

そこで整体師としての視点およびネット上の評判も踏まえ、マニスポーツを徹底評価てしました。購入を検討している方はぜひ参考にしてください。

目次

マニスポーツのネット上の評判まとめ

マニスポーツのネット上の評判を以下にまとめました。

良い口コミだけでなく悪い口コミもまとめていますのでご覧ください。

マニスポーツに関する悪い口コミ2件

レビューが良かったので、硬めのマットレスをと購入してみました。  結果は、体重77キロの腰痛持ちにはこれでも柔らかいです、寝返りが打てないほど身体の凹凸にフィットするので、合う人には合うと思うのですが私にはまったく寝付くことが出来ず、結局スプリングマットのハードタイプに戻りました。

引用:アマゾン

実はマニスポーツに関してはあまり悪い口コミを見つかりませんでした。

それだけ基本的には好評だと伺えますね。

見つかった悪い口コミは少数ですが「思ったほど硬くなかった」「通気性が良すぎて寒い」という声が見られました。

マニスポーツの良い口コミ5件

腰痛もちなので、硬めがいいかなとこのマットを選びました。寝心地はいいですね。高反発も最高です。マットに横になってから反発してくる感じが良いです。

引用:楽天市場

246と迷いましたが、体の大きな息子にマニスポーツを購入しました。
適度な硬さで沈み込まず寝心地が良いそうです。

引用:アマゾン

女性には硬いというレビューもありましたが、週5のスポーツジム生活。筋肉質、体重58キロ。腰痛も酷くなり、思い切って買いました。次の日から、びっくりするほど起きた時の腰痛が、楽になりました。私には、全然硬いと感じること無く、快適です。

引用:アマゾン

体重85キロです。少し硬く感じるくらいですが自分にはこれくらいでokです。いい買い物しました。

引用:アマゾン
https://twitter.com/cinderellboy517/status/1280836723463737346

良い口コミにはやはり適度な硬さで沈まない、適度な硬さで寝心地も良いという声が多い印象でした。

ただ反発力が高いため最初はちょっと痛かった…と感じる方が一定数おられるようです。

しかし慣れれば気にならず、返って調子が良いという声が多いですね。

マニスポーツを本音で評価!腰痛の方にもおすすめ出来るのか?

マニスポーツを本音で率直に評価すると、腰痛の方にもおすすめです。

整体師の視点で見てもこれは腰痛持ちの方に適してるマットレスだな!と感じました。

やはりマットレスにある程度硬さがある方が身体が沈み込まず、腰に負担もかかりません。

その結果腰痛の改善につながる方もいるでしょう。

ただし反発力がかなり強いため、体重が軽い方は要注意ですね。

特徴から分かるマニスポーツのデメリットは3点

評判や特徴を踏まえると、マニスポーツは以下の3点がデメリットとして挙げられます。

  1. 人によっては硬すぎる
  2. 体重が軽い方には向かない
  3. 無料お試し・返品は出来ない

デメリット1:人によっては硬すぎる

マニスポーツは反発力が強く、硬すぎると感じる方も必ず出ます。

200Nという反発力は高反発マットレスの中でも高めの数値。

なので柔らかい寝心地を好むような方には高確率で合いません。

デメリット2:体重が軽い人には向かない

マニスポーツは体重が軽い人には基本的に向きません。

理由は先ほどと同様で、反発力が高すぎるからですね。

あくまで目安ですが体重が60kg以下の方になると硬い・痛いと感じる方が多いでしょう。

70kg以上の方でも柔らかい寝心地を好む方は合わない可能性が高いですね。

デメリット3:無料お試し・返品は出来ない

マニスポーツは無料お試し・返品ができません。

マニフレックスのマットレスは全てそうですね。

購入していざ使ってみたら硬過ぎて寝られない…となっても返品・返金対応はしてもらえないので注意。

実店舗で実際に寝心地を確かめた上で購入を検討するようにしましょう。

特徴から分かるマニスポーツ4つのメリット

逆にマニスポーツのメリットとしては以下の4点が挙げられます。

  1. 反発力が強いので腰が沈まず、寝返りしやすい
  2. 耐久性に優れる(12年保証)
  3. 通気性が良い
  4. 実店舗で寝心地を確かめられる

メリット1:反発力が強いので腰が沈まず、寝返りしやすい

マニスポーツは反発力に優れるので腰が沈まず、寝返りがしやすいという特徴があります。

芯材に使われているエリオセル・ハードは200Nとかなり高反発。

硬めの寝心地を好む方や腰痛改善を考えている方にも適してると言えます。

メリット2:耐久性に優れる(12年保証)

マニスポーツは耐久性にも優れ、12年の保証が付いています。

12年以上使えるならかなり耐久性の高いマットレスと言えますね。

保証によって仮にへたってしまった場合は同様の商品との交換が出来る点も魅力です。

メリット3:通気性が良い

マニスポーツは通気性にも優れています。

もちろん日頃の手入れは必要ですが、通気性が高いことでカビが生えるリスクも少なくなるでしょう。

メリット4:実店舗で寝心地を確かめられる

マニスポーツは実店舗で寝心地を確かめることができます。

マニフレックスは取扱店舗や正規販売店が比較的多いので、近所に店舗があれば実際の寝心地を確かめられる点も魅力。

ただし店舗によってはマニスポーツを置いていない可能性もあるので、事前に電話して確かめたほうが無難です。

マニスポーツをおすすめしない人の特徴は3点

メリット、デメリットも踏まえるとマニスポーツは以下に該当する方にはおすすめしません。

  1. 柔らかめの寝心地を好む方
  2. 体重が軽い方(45㎏以下)
  3. 運動習慣がない方

おすすめしない人の特徴1:柔らかめの寝心地を好む方

マニスポーツは柔らかめの寝心地を好む方にはおすすめしません。

反発力も高く硬めのマットレスだからですね。

もちろん板やコンクリートのように硬いわけではありませんが、一晩寝るとなると痛みを感じてしまう可能性が高いでしょう。

おすすめしない人の特徴2:体重が軽い方(45kg以下)

マニスポーツは体重が軽い方(45kg以下の方)にもおすすめできません。

高反発で身体が沈み込まないためですね。

50kg〜60kgくらいの方でも合わないケースが出ると思いますが、それ以下の体重となるとかなり高確率で硬過ぎます。

おすすめしない人の特徴3:運動習慣がない方

マニスポーツは運動習慣のない方にも基本的におすすめしません。

これは「マニスポーツ」という名前だからではなく、運動しない方(柔軟性が少ない方)は硬めのマットレスが合わないためです。

体重も軽く、運動もしないとなるとほぼ間違いなく硬すぎて寝られません。

マニスポーツをオススメする人の特徴4点

逆にマニスポーツがおすすめな人の特徴は以下の4点となります。

  1. 硬めの寝心地を好む方
  2. 腰痛の改善を考えている方
  3. 普段から運動をしている方
  4. 体重80㎏以上の方

おすすめする人の特徴1:硬めの寝心地を好む方

マニスポーツは硬めの寝心地を好む方には確実におすすめです。

文字通り高反発なマットレスが欲しい!という方はマニスポーツを候補に挙げると良いでしょう。

おすすめする人の特徴2:腰痛の改善を考えている方

マニスポーツは腰痛改善を考えてマットレスを探している方にもおすすめです。

やはりある程度硬さがあり、沈み込まないマットレスの方が腰痛改善にも適しているからですね。

ただし人によっては寝心地が硬過ぎて返って腰が痛くなる…なんて可能性もあり得ます。

なので体重が適性範囲か?運動習慣はあるか?といった点を踏まえて購入を検討してください。

おすすめする人の特徴3:普段から運動をしている方

マニスポーツは普段から運動をしている方にもおすすめのマットレスです。

運動による疲労をしっかり取りたいとか、運動による腰痛の軽減を図りたい。

そんな方はマニスポーツの使用を検討してみると良いでしょう。

特に硬めの寝心地を好むならぴったりです。

おすすめする人の特徴4:体重80kg以上の方

マニスポーツは体重が80kg以上の方にもおすすめです。

反発力が高く体重があっても沈み込み過ぎないからですね。

なので今まで使っていたマットレスは腰が沈んで寝返りがしにくかった…

なんて方はマニスポーツの購入を検討してみると良いでしょう。

マニスポーツのサイズ一覧(全6種類)

 縦×横厚さ反発力密度
セミシングル195×80㎝16㎝200N41D
シングル195×100㎝
セミダブル195×120㎝
ダブル195×140㎝
クイーン195×160㎝

マニスポーツは全部で6種類のサイズをラインナップ。

キングサイズはありませんが、よくあるサイズはすべて揃っています。

セミシングルは女性・子供向け

マニスポーツのセミシングルは横幅80㎝とコンパクト。

なので女性や子供など小柄な方に適したサイズですね。

重量も10㎏ほどなので手入れもしやすいでしょう。

シングルサイズは一人寝に適したサイズ

マニスポーツのシングルサイズは横幅100㎝で一人寝には十分なサイズ。

重量は約12㎝で、厚みがあるマットレスとしては意外と軽いのも特徴です。

セミダブルサイズはゆったり寝たい方向け

マニスポーツのセミダブルサイズは横幅120㎝でシングルより20㎝幅広。

良く寝返りを打つような方におすすめです。

重量は約14㎏で、シングルサイズより2㎏程重くなります。

ダブルサイズ・クイーンサイズは2人で使用したい方向け

マニスポーツのダブルサイズは横幅140㎝で約17㎏、クイーンサイズは横幅160㎝で約20㎏となります。

共にかなり重量もあり、2人で寝るのに適したサイズですね。

ただしマニスポーツは高反発なため人によって合う・合わないが出やすいマットレス。

2人で使用する場合は硬さがちゃんと合っているかどうか?事前に確かめたうえで選ぶようにした方が良いでしょう。

マニスポーツの販売価格一覧(楽天・アマゾンおよび正規代理店)

 正規販売店楽天市場アマゾンYahoo-s
セミシングル42,350円42,350円42,350円42,350円
シングル48,400円48,400円48,400円48,400円
セミダブル60,500円60,500円60,500円60,500円
ダブル72,600円72,600円なし72,600円
クイーン84,700円84,700円なし84,700円

マニスポーツは正規販売店の他、楽天市場やアマゾン、Yahooショッピングでも販売されています。

価格はいずれの販売店でも同様で、どこで買っても変わりません。

ただ、販売チャネルによってはサイズの取り扱いが無かったりするケースもあるのでその点は注意ですね。

マニスポーツは正規販売店での購入がおすすめである理由

価格は変わりませんが、マニスポーツは基本的に正規販売店での購入がおすすめです。

理由は12年保証の有無ですね。

マニスポーツには12年間の保証が付きますが、これは保証書が無いと無効となってしまいます。

例えば販売店印がない保証書・偽造された保証書などでは保証されません。

そのため確実に保証が付いてくる正規販売店での購入を基本とした方が安心だし無難というわけです。

マニスポーツを正規販売店でチェック>>>

マニスポーツに関するQ&A

ここからはマニスポーツに関するよくある質問や疑問をまとめます。

マニスポーツの硬さは他社マットレスとどの程度違うの?

 反発力
モットン(レギュラー)170N
雲のやすらぎプレミアム150N
エムリリー優反発上層70N/下層150N
マニフレックス タイプ246170N
マニスポーツ200N

マニスポーツは200Nの硬さ(反発力)があります。

この硬さは高反発マットレスの中でも高めの数字ですね。

この点から考えても硬めの寝心地を好む方におすすめのマットレスです。

マニスポーツを購入した場合、枕も変えた方が良い?

マニスポーツを購入する際は枕も併せて購入することをおすすめします。

特に柔らかいマットレスを使っていた場合、マニスポーツに変えると枕が合わなくなる可能性が高いです。

マットレスが硬くなる分沈み込みも減りますし、枕が低く感じるケースが考えられます。

体重が軽い人はマニスポーツを避けた方が良い?

体重が軽いからといって、必ずしもマニスポーツが合わないわけではありません。

例えば普段から良く体を動かしていたり、柔軟性が高い方はこのくらいの硬さがちょうど良いと感じることもあります。

逆に運動をあまりしない、体が硬くて小柄な方は避けた方が良いですね。

マニスポーツはアウトレット品がある?

マニスポーツは正規販売店でアウトレット品を販売している可能性があります。

※展示用や写真撮影用の商品なので中古ではありません。

なので少しでも安くマニスポーツを購入したい方は正規代理店をまずチェックですね。

マニフレックス246とマニスポーツの違いは?

マニフレックス246とマニスポーツは使用されている素材が異なるため、反発力に違いがあります。

マニスポーツの方がより反発力が高く、硬めの寝心地ですね。

なのでより硬めの寝心地を好むならマニスポーツ、少し柔らかい方が良い方は246が合うでしょう。

マニスポーツの評判・評価まとめ

  • 高反発で硬めの寝心地を好む方に好評
  • 柔らかい寝心地を好む方には基本的に向いていない
  • 運動習慣がある・柔軟性の高い方におすすめ
  • 腰痛改善を考えている方にもおすすめ
  • 12年保証が付いて耐久性にも優れている

マニスポーツはその名称から運動している人向け、というイメージもありますが硬めの寝心地を好む方であればおすすめです。

なので運動している・していないに限らず硬めの高反発マットレスを探しているなら候補に挙げてみると良いでしょう。

腰痛改善にも適していますよ!

マニスポーツを正規販売店でチェック>>>

マニスポーツを整体師が徹底評価
最新情報をチェックしよう!